夜泣きの神様

2008-06-25



夜泣きのまじないの話のつづきをします。


雲南省大理白族自治州のペー族(チベット系)や漢族では、子供の夜泣きは、なにか悪いモノがとり憑いているとも考えられるので、家の隅々まで、米を撒き、夜泣きの鬼を追い祓うというまじないもあります。


じつはこの地方には夜泣きの神様がいます。夜泣きの神様は、夜泣き治しの神様というよりは、神様自身が子供の姿で、ポロポロ涙を流していたりしますから、おそらく神様というより夜泣きの精なのでしょう。


大理州南部の巍山彝族回族自治県では、男の子が泣くと男哭神、女の子が泣くと女哭神という神様がいて、神様を描いた「馬子」(マーツ)と呼ばれる呪符で子供の顔を拭ってから、家の前や十字路で燃やしてしまいます。そうして夜泣きを祓うのです。


男哭神は、思慮深そうな青年です。

頭には巫師が祭祀の際にかぶる頭冠のようなものが描かれています。




女哭神は椅子に座ってポロポロ泣いていて、現代風の服装で、かわいらしいです。



このほか雲南省西部のビルマ国境の街、騰衝では、男の神様が踊りながら子供たちを誘惑しているという、まるでハーメルンの笛吹き男のような神様がいて、これを「夜神」と呼んでいます。子供にとり憑くさまざまな怪しいモノが、夜の闇には跳梁跋扈しているわけですね。




さて、夜泣きの神様の由来ですが、かつて、それぞれの都市(行政府所在地)には、城隍廟という祭祀施設があり、城隍というあの世の知事に相当する神様が祭られていました。その廟のなかに、「泣童」と呼ばれる夜泣きの子供の像があり、夜泣きの際に祈願する神様がいたものでした。


大理州の各地にみられる夜泣きの神様は、城隍廟に城隍神とともに祭祀されていた神の信仰が、いまも住民たちの信仰の中に息づいているのではないかと考えています。